1. HOME
  2. イベント情報一覧

イベント情報

イベント情報一覧に戻る

【見学会】海津市平田町の家 完成見学会-気づかいと工夫のつまった 家族5人の二世帯住宅-

開催日
2月22日(土)23日(日)24日(月祝)
開催時間
09:00-17:00 (じっくりとご見学いただけるよう、完全予約制での開催です。)
開催場所
岐阜県海津市(ご予約された方に詳しい地図をお渡しします)

イベント内容

自然豊かな海津市平田町。
ここに家族5人で暮らす大らかなお住まいが完成しました。

ご結婚のときに決めた「いずれは二世帯住宅」。
お子様が小学校に上がるタイミングになり、いよいよその時が来ました。

一緒に暮らす安心感も保ちつつ、お互いのライフスタイルも尊重して。

一緒に住むのだから、みんなが心地よく暮らせることが一番。
気づかいと工夫がいっぱい詰まったお住まいです。


2/22(土)-2/24(月祝)岐阜県海津市平田町にて完成見学会を行います。

お施主様のご厚意で3日間限定にて完成したばかりのお住まいをご見学いただけます。
実際のお施主様の想いのつまったお住まいを見学できる貴重な機会です。
じっくりとご見学いただけるよう、完全予約制でご案内させていただきます。
託児コーナーもございますので、お子様連れの方もご安心ください。


★こんな方におすすめです
☑ 二世帯住宅を考えているが、どんな間取りがよいか迷っている
☑ 新築建て替えかリノベーションかどちらかで二世帯住宅にしたい

二世帯住宅じゃなくても…
☑ 収納いっぱいの家にしたい
☑ 動線を大事にした家にしたい



二世帯住宅を考えているご家族必見
二世帯住宅には
①「完全分離型」玄関、キッチン、トイレ、浴室など、すべて2つずつ作り居住空間を完全に分離する
②「部分共有型」一部の設備を共有し、一部の設備は別々に用意する
③「完全共有型」すべての住宅設備を共有し、両世帯が一緒に同居する
の大きく3パターンに分けることができます。
それぞれメリットデメリットがあり、建築費用も大きく変わってきます。どのタイプが良いかは家族ごとに違います。いろいろな家づくりの先輩の住まいを見て、自分たちに合った形を探しませんか?

今回のお住まいは、玄関だけを共有する住まい方。「家族みんなが気軽に行き来できるようにしたいけれど、それぞれがお客様をお招きしたりBBQをしたりすることがあり お客様も家族も気兼ねなく過ごせるようにしたい。」そんな想いをもとに、道路から建物への動線から設計し、できあがったこの住まい方。
「我が家にも取り入れたい!」「ここはうちだったらこうするかな…」そんなアイデアがきっと生まれるはずです。
二世帯住宅の完成見学会は貴重ですので、ぜひこの機会にご家族そろってお越しください。



◆家族構成/ご両親+ご夫婦+お子様の5人家族
◆敷地面積/680.08㎡(205.72坪)
◆1階面積/143.21㎡(43.32坪)
◆2階面積/52.99㎡(16.03坪)
◆延床面積/196.20㎡(59.35坪)
1. 敷地環境とライフスタイルからゾーニング
建て替え前からこの地に住んでいてご近所さんとのふれあいも多い親世帯。この敷地は東側の道路がご近所さんとの窓口になるので、ご近所さんも行き来のしやすい東側に親世帯ゾーンを設けました。そして、BBQが大好きだという子世帯。道路側から奥まった西側に子世帯のゾーンを設けたことによって、心おきなくBBQができ、お客様にも気を遣わせることないつくりとなりました。実際にどんな動線となるのか?ぜひ現地で体感ください。

2. 安心をシェアする 共用玄関
今回のお住まいで唯一シェアすることとなった「玄関」。玄関を共有することで行き来がしやすくなり、また行き来せずともお互いがいま在宅なのか気づくことができたり、玄関を別々にすることでは得られない”安心”があります。そして小学校から帰ったお子様が、お父さんお母さんが仕事で留守でも気軽におじいちゃんおばあちゃんのもとに遊びに行けるのは家族みんなの安心ポイント。

3. 音の不安がなく気兼ねなく安心な1階暮らし
分離型二世帯住宅でありがちな「1階を親世帯・2階を子世帯」と上下で居住空間を分けるパターン。上下の移動が無く親世帯にとって負担が少なく安心な反面、2階の物音が気になったり、子世帯も下の階の家族に気を遣いながらの生活になります。今回は、親世帯の居住空間の上にはほぼ2階が乗っていないので、音の心配がなく「平屋」のような暮らしが実現します。

1. 敷地環境とライフスタイルからゾーニング
建て替え前からこの地に住んでいてご近所さんとのふれあいも多い親世帯。この敷地は東側の道路がご近所さんとの窓口になるので、ご近所さんも行き来のしやすい東側に親世帯ゾーンを設けました。そして、BBQが大好きだという子世帯。道路側から奥まった西側に子世帯のゾーンを設けたことによって、心おきなくBBQができ、お客様にも気を遣わせることないつくりとなりました。実際にどんな動線となるのか?ぜひ現地で体感ください。

2. 安心をシェアする 共用玄関
今回のお住まいで唯一シェアすることとなった「玄関」。玄関を共有することで行き来がしやすくなり、また行き来せずともお互いがいま在宅なのか気づくことができたり、玄関を別々にすることでは得られない”安心”があります。そして小学校から帰ったお子様が、お父さんお母さんが仕事で留守でも気軽におじいちゃんおばあちゃんのもとに遊びに行けるのは家族みんなの安心ポイント。

3. 音の不安がなく気兼ねなく安心な1階暮らし
分離型二世帯住宅でありがちな「1階を親世帯・2階を子世帯」と上下で居住空間を分けるパターン。上下の移動が無く親世帯にとって負担が少なく安心な反面、2階の物音が気になったり、子世帯も下の階の家族に気を遣いながらの生活になります。今回は、親世帯の居住空間の上にはほぼ2階が乗っていないので、音の心配がなく「平屋」のような暮らしが実現します。

ひだまりほーむの家づくり
1. 「暮らしインタビュー」をもとにつくる世界に一つだけの家
暮らしやすい家のカタチは、ご家族によって違って当たり前。ご家族にあったプランをつくるため、日常生活のヒアリング・持ち物の確認といった”暮らしの採寸”をして、あなたに一番相応しいプランをひとつ、ご提案します。「こんな暮らしがしたい」「こんな風に使いたい」「自分仕様の家にしたい!」そんな想いに設計士集団がお応えします。

ひだまりほーむの家づくり
1. 「暮らしインタビュー」をもとにつくる世界に一つだけの家
暮らしやすい家のカタチは、ご家族によって違って当たり前。ご家族にあったプランをつくるため、日常生活のヒアリング・持ち物の確認といった”暮らしの採寸”をして、あなたに一番相応しいプランをひとつ、ご提案します。「こんな暮らしがしたい」「こんな風に使いたい」「自分仕様の家にしたい!」そんな想いに設計士集団がお応えします。

2. 国産材100%の木の家
岐阜県は県土の81%が森林に覆われた森林県。地産地消により地域経済の活性化を図り、地域に根付いた木の文化を受け継ぎます。100%にこだわった、混じりけのない「純国産の住まい」です。

2. 国産材100%の木の家
岐阜県は県土の81%が森林に覆われた森林県。地産地消により地域経済の活性化を図り、地域に根付いた木の文化を受け継ぎます。100%にこだわった、混じりけのない「純国産の住まい」です。

3. 安心安全な素材のみを使った自然素材の家
ビニールクロスや合板フローリングなど、シックハウス症候群の恐れのある素材は使いません。東農桧や長良杉の無垢の床板に、漆喰や珪藻土の塗り壁、美濃和紙・土佐和紙のクロス。壁の中の断熱材も、自然素材のセルロースファイバーを使用。長く住み続ける家だからこそ、自然にこだわり、国産にこだわり、「赤ちゃんがなめても大丈夫」を基準にした素材選びで健康に暮らせる住まいを作ります。

3. 安心安全な素材のみを使った自然素材の家
ビニールクロスや合板フローリングなど、シックハウス症候群の恐れのある素材は使いません。東農桧や長良杉の無垢の床板に、漆喰や珪藻土の塗り壁、美濃和紙・土佐和紙のクロス。壁の中の断熱材も、自然素材のセルロースファイバーを使用。長く住み続ける家だからこそ、自然にこだわり、国産にこだわり、「赤ちゃんがなめても大丈夫」を基準にした素材選びで健康に暮らせる住まいを作ります。

4. 永く住み続けられることを第一にした住宅性能
住まい手が永く安心して住み続けられるよう、住宅性能には徹底的にこだわります。全棟構造計算した耐震性能、新築時の性能値の低下を防ぐシロアリ・結露等の劣化対策、家族の健康を守るシックハウス対策・ヒートショック対策など、ひとつとして妥協しない家づくりをしています。

4. 永く住み続けられることを第一にした住宅性能
住まい手が永く安心して住み続けられるよう、住宅性能には徹底的にこだわります。全棟構造計算した耐震性能、新築時の性能値の低下を防ぐシロアリ・結露等の劣化対策、家族の健康を守るシックハウス対策・ヒートショック対策など、ひとつとして妥協しない家づくりをしています。

来店予約をする

326 件 174 件 777 件

2020/02/27 更新